sakutan355のブログ

平成初期生まれ、令和生まれの息子がいる人のブログ。ポケモンのこととか、普段の出来事のこととか書こうと思っています。更新頻度はそこまで多くないかも。

もうすぐこの季節!こんなの作ってしまいました ~ポケマスアドカレ用~

まさかポケマスのアドカレ用にわざわざブログ開設するとか・・・という感じですが、前々から作ろうかどうか迷っていたので、ブログ開設してしまいます。
こんにちは、ぽけさくたんです。 

 

アドカレ・・・何を作ったかというと、数学のテストです!
でもたただのテストではないです。ポケモンが登場するテスト問題です!

 

 

作った経緯

初めてのアドカレということで、何を書こうか、何を作ろうかと考えたのですが・・・特にバトルもそこまでせず、小説等を書くにも文章を書くのにものすごく時間がかかる、工作等するにも材料や時間等の問題が・・・と色々悩み、仕事後に思いついたのが「ポケモンを絡めたテスト問題作ってみよう!」というものでした。(時間かかるのでは?と思う人もいるでしょう。結構かかります。なんでやろうと思ったんだろう?)

現在週1程度でアルバイトでしている仕事ですが、何の仕事かというと簡単に言えば家庭教師です。とはいえ家に生徒が来るのでは無く、ネットでビデオ通話しながら行うインターネット家庭教師です。(なので仕事の直前や合間にちらちらトゥートしていることが・・・)

さて、仕事については置いておいて、そろそろセンター試験とか受験の季節ですね!ということでポケモン知識のテスト・・・ではなく、普通に数学のテストを作りました!ポケモン世界の学校ではこんなテストが出されているのかな?という想像もしつつ作ってみました。(ポケモン知識のテストも作ろうと思ったのですが、時間が足りず・・・もしかしたら今後作るかもしれません。)

 

作ったテスト

という訳で以下が作成した問題(3ページ)、解答(2ページ)、解説(5ページ)です。

 

   問題

f:id:sakutan355:20191219130611j:plain

f:id:sakutan355:20191219130640j:plain

f:id:sakutan355:20191219130719j:plain

 

   解答

f:id:sakutan355:20191219130937j:plain

f:id:sakutan355:20191219130948j:plain

 

 

   解説 (見づらくてごめんさい!)

f:id:sakutan355:20191219131025j:plain

f:id:sakutan355:20191219131029j:plain

f:id:sakutan355:20191219131032j:plain

f:id:sakutan355:20191219131037j:plain

f:id:sakutan355:20191219131044j:plain

 

 

 

数学のテストの内容は、義務教育を終えていれば解けるように、中学生向けの内容にしてあります。といっても忘れている人が多いと思うので、問題や解答、解説見ながら、ああこんなのあったなぁ・・・と思いながら見て貰うのがいいかもしれません。解きたい方は是非!!時間と配点もきちんと付けております。ちなみに私は時間を特に計っていないので、50分で解ける問題になっているのかは知りません。多分解けるでしょ(適当)。解説は手書きですが、さすがに数式を入れて文書作るのは骨が折れるので許して下さい。お詫びに最後の余ったスペースにインテレオン先生描きましたので見て下さい。

以下、色々作ったテストについてどんなこと考えて作ったのかだらだら書いていきます。

 

問題ごとの詳細など

第1問は、最初の問題ということで方程式の問題出したいな・・・つるかめ算とか面白そうってことで3つ作りました。ドンファンプクリンは、最初はイーブイとプリンの組み合わせだったのですが、イーブイを3問目で出すことにしたので、プリンを進化させました。ドンファンはどこかで出さないと・・・と思ったので。あときんのたまももちろん出したかったので第2問に。他の道具との組み合わせでも良かったのですが、計算が複雑になるのでやめました。第3問では10匹連れて行くって言ってますが、10匹も連れて行って何をするんでしょうね・・・?

 

第2問は、よくある速さの問題。嫌がる人が多いやつです。この問題は解くより前に妄想膨らむ人が出てくるのではないでしょうか・・・。マホイップとインテレオンが同じ家に住んでいるというのは、ある方の小説の影響を受けているかもしれません。

 

第3問は資料の整理という単元で、私含め一部の世代の人は習っていない単元です。習っていないですが、教える際に必要なのでテキストや教科書を読んで勉強しました。難しい単元ではないので、知らない人は「度数分布表」とか「中央値」「最頻値」でググってみるといいかも。
ところでコイキング50匹の大きさですが、これは私が捕まえたコイキングです。イーブイ版のGOパークで・・・というかもともとポケモンGOで捕まえたものなのでポケモンGOで捕まえたと言った方がいいかもしれません。GOパークを1つコイキングで埋め尽くしたくて、ポケモンGOで捕まえたコイキングをせっせと連れていって溜めていたものです。わざわざこの表を作るために(GOパークを空けたかったのもありますが)50匹捕まえました!何してるんだって感じですね。ちなみにその後連鎖で金のコイキング出ないかな~と野生のコイキングをさらに70匹くらい追加で捕まえましたが結局出てきませんでした。

 

第4問は平面図形です。図形の問題とポケモンをどう絡めようか・・・とだいぶ悩みました。割と安直な物になってしまったかなぁと思いますが、時間があまりなかったので仕方なく。何かもっと面白いものを思いついたら作るかも・・・?3問目の点のアルファベットはポケモンの英語名の頭文字です。2問目までいたカイリューデデンネと被るという理由で地上からいなくなり、空から線を引く係になりました。

 

第5問は確率の問題。よくあるやつであまり難易度は高くないです。最後の問題は考える気力が無かった訳ではないです。本当です信じて下さい。

 

 

どんな感想を頂くことになるのかちょっと不安があります・・・。
もっとなにか癒やしになるもの作りたいです・・・・・・笑